履歴書
履歴書の書き方と志望動機は就職・転職問わず、会社員・公務員・派遣・パート・アルバイト問わず非常に重要です。サンプルや例文だけでない失敗しない履歴書の書き方と志望動機についての情報です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履歴書の志望動機の欄はとても重要な項目で、自分のやる気をいかに相手に伝えるかがポイントとなってくるものです。

しかし、ひとつ間違えたら自分のことだけになってしまい相手には見向きもされない結果になってしまいかねません。

以下に志望動機の良い書き方、悪い書き方を簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

【良い志望動機のポイント】
自分の言葉を使って熱意ややる気を相手に伝える。
・仕事自体が好きな場合
「花が好きなので花に囲まれて仕事がしたい」

・将来の目標がある場合
「将来この仕事でお店を持ちたいと考えているために、ノウハウを勉強したい」

・経験をアピールしたい場合
「今まで経験してきた技術の経験を十分に活かしたい」

【悪い志望動機のポイント】
志望動機で失敗してしまうとそこで終わってしまいます。
先に進むために、以下にまとめたようなことを書くのは控えましょう。

・志望動機を書かないのは絶対にやってはいけません。
・その仕事なら自分でもできそうという安易な動機
・どこかからコピーしてきたようなマニュアル的な志望動機
・自分の欲求や条件ばかりを書くこと

というように上記のようなことを考えて記述してみてはいかがでしょうか。
書くときの注意点ですが、誤字脱字に気を付けたり、読みやすい丁寧な字で書いたりするよう気をつけましょう。
また、履歴書をよごしたりぐちゃぐちゃにしたり、修正液なども使わないように気を付けるようにしましょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。